2007年11月08日

MALI(SPIKYS)in 無力無善寺 2007年10月16日

SPIKYSは無力無善寺が似合う。そう思ってから約2年。やっと無力無善寺でのライブが実現しました。しかし、今回は残念ながらMALIちゃんだけのソロライブ。とはいってもこれは必見のライブでした。実際には、日程など、あまり好条件ではなく、出演者も小原努さんと無善法師の3人だけ。もちろんその分堪能はできたものの、集客の面ではもう一つという所でした。ある面、無力無善寺は普通のライブハウスとは違い、かなりディープな所です。果たして、ここでSPIKYSが通用するのかどうか?。ソロとしてのMALIちゃんはどうなんだろう?。いろいろな問題が山積する状況でのライブでした。

本日の出演者
● 無善法師
いわずと知れた無力無善寺のマスター。いつも出番が早いので、聞き逃す事が多いのですが、今回はじっくり聞かせてもらいました。もっとも、前日に40曲程歌ったという事で、今日はちょっとお疲れ気味。それでも牛丼太郎の歌や、ネコちゃんの歌を熱唱してくれました。法師の語り部のような歌は説得力があり、音楽的には1コードという事らしいのですが、とても多彩な音楽に聞こえます。それと歌詞がとても良い感じです。ふとした時に思い出すので、少し困っています。
● 小原努さん
たぶん、本来はロックの人なんでしょう。とてもパワフルなボーカルでした。RCを思い出すようなステキな歌詞、本来はプロテスト・ソングといっても良いと思いますが、もしかして、今は死後になっちゃったのかな?。ブルースハープが小気味良く耳に飛び込んで来ます。小原さんを聞くのは始めてでしたが、久々にノリノリでした。ドラムの方とのデュオ・バージョンもあるというので、機会があればそちらも聞いてみたいですね。
● MALI(SPIKYS)
ソロのMALIちゃんを聞くのは2回目。前回よりも全然良い感じだけど、ソロの良さはまだ出ていないんじゃないかな?。というか、演奏が真面目過ぎるというか、ポップスとしては乗り切らないんだよね。カッチリとしているのは良いんだけど、何か、クラッシックを聞いている感じ。「追憶」とか「パズル」とか良い曲があるのにチョット残念です。ソロを聞いて思うのは。SPIKYSでのひーちゃんのギターやアレンジがめちゃめちゃロックしているんだなぁ、ということ。そういう意味では、ライブハウスもちゃんと選んだほうがいいと思うし、多分MALIちゃんのソロも場数をこなせばもっと良くなるんじゃないかな?。とりあえずはソロMALIの確立を目指せという所でしょうか。(担当:13号倉庫)
posted by 13号倉庫 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。